« 2011年11月 | トップページ | 2012年5月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

玄奘三蔵の霊言

今年の初め頃、2ch投稿者「聖杯と剣」さんと、幸福の科学信者「よしもん」
さんの対話から、霊言創作の試みがありました。当方にて編集を加えつつ、
その様子を再現いたします。


玄奘三蔵(六○二-六六四) *ウィキペディア参照

唐代の中国の訳経僧。尊称に三蔵法師、玄奘三蔵などがある。

仏典の研究には原典に拠るべきであると考え、仏跡の巡礼を志し、貞観3年(629年)
唐王朝に出国の許可を求めた。しかし、許されなかったため、国禁を犯して密かに
出国、河西回廊を経て高昌に至った。西域の商人らに混じって天山北路を辿り、中央
アジアの旅を続け、ガンジス川を越えてインドに至った。ナーランダ大学では戒賢に
師事して唯識を学び、各地の仏跡を巡拝した。学問を修めた後、天山南路を経て帰国
の途につき、657部の経典を長安に持ち帰った。帰国した彼は、持ち帰った膨大な梵経
の翻訳に専念した。太宗の勅命により、弘福寺の翻経院で翻訳事業を開始した。


1 開かれた思想と「仏の心」

聖杯と剣 私たち教団は、開かれた思想とは何かを探究する組織です。本日は信徒の
方だけでなく一般の方にもご参加頂いていますが、新たに招霊を試みるに当たって、
是非ともこの霊人の言葉は聴きたいというリクエストはありますか?

よしもん はい!(挙手しつつ)

司会・旅人 では、そこのウサギコスプレの男性どうぞ。

よしもん ありがとうございます。リクエストさせていただきます。私は幸福の科学
という宗教団体の信者であり、日々「仏の心」とは何かをテーマに探究を続けており
ます。現在は東京と千葉を行き来する日々ですが、時折ふと、人里を離れた遠い異郷
へと旅立ちたい衝動に駆られることもあります。
 そこで、遠い西域へと「仏の心」を求めて旅立ち、数々の仏典を故国へ持ち帰った
玄奘三蔵、西遊記のモデルともなったかとは思いますが、かの高名な三蔵法師様より
御言葉を賜れたらと存じます。よろしくお願いします。

聖杯と剣 なるほど。「仏の心」は果たして遠い地で見つかるものなのか、はたまた
別のところにあるものなのか、是非とも招霊して霊人の言葉を賜ってみましょう。心
の準備はよろしいですか?それではいきましょう。玄奘三蔵師よ、今こそ我ら現代人
に仏弟子の心構えを授け給え。

(沈黙)

続きを読む "玄奘三蔵の霊言"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

真夜中の述懐と覚悟の表明

最近幸福の科学を退会して、
2chの幸福の科学統合スレッドを覗く方も増えてきていると思いますが、
一部投稿者が「伝道対象者の置き去り退会反対」などと、
幸福の科学退会者の状況や心情もろくに知りもしないくせに、
知ったようなことを抜かして我らの心情を逆撫でするので、コメントを述べておきます。

私事ではありますが、初めて私がHN旅人として2chに登場したのが2002年、
翌年2003年は数回程度顔を出しましたが、その後は、
昨年2010年に至るまで一度も顔を出しませんでした。
スレッド自体、全然見ていませんでした。

見ていない期間、何をしていたかというと、先日書きましたが、
「まず自らが健康的に、堅実に生きる」ということと、
「自らの職業と持ち場において最大限の力を発揮する」ということを優先しておりました。

なぜかというと、
2002年のやりとりにおいて心情的にシンパから脱してアンチになったものの、
まだまだアンチ論争を継続するには自らの精神状態に不安があると感じたからです。
また、一個の人間としての経験不足、知識不足、度量不足を痛感したこともあります。
HSのことを考えるだけで怒り心頭になり、日常生活に影響が出るくらいでした。

当時は非常に攻撃的な文体・口調でしたが、
それは脱会直後の不安な心理状況を投影したものでもあります。
攻撃対象を常に攻撃していないと、逆に自らが不安に陥るという状態です。
攻撃することによって精神の安寧を得るという、極めて不安定な精神状態です。

一定期間は怒りを最大の動機として投稿を続けていましたが、
やがてそれでは続かないと悟る時が来ました。

続きを読む "真夜中の述懐と覚悟の表明"

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年5月 »