« 三島由紀夫の霊言 其の参(再掲) | トップページ | 真夜中の述懐と覚悟の表明 »

2011年11月30日 (水)

教団が恐れるものは、詳細な経理情報の外部流出(≒内部告発)

ルチア氏が過去に、奉納目安と監査の件について投稿されていました。

以下に内容をまとめていますが、工作員がこういう内容を投稿するとするならば、
それは教団の自壊を誘発し、いわば自殺行為に等しいものかと思います。

【幸福の科学教団に課税せよ】不正経理に監査不備~販売目的所持の書籍在庫をひた隠す~
 http://blog.livedoor.jp/warehouse_2chlog/archives/51311665.html

いくら工作員と言えども、こういった行為までは許されていないでしょう。
企業の総務部でも、言論工作はやるにせよ、
経理情報や技術情報等のリークによって情報操作するという話は聞きません。
大体が印象操作の次元です。

当方にもデータがしっかり存在しますが、教団によるルチア氏対策が始まったのは、
上記の経理関連の疑義(≒内部告発)が出た頃からと見ています。

財政面で逼迫している教団の現実として、総裁に対抗せんとする霊能者もどきの存在より、
教団内部の経理・財政面に関する内部情報が、
ネットを介して外部に漏洩すること自体を恐れているはずです。

ルチア氏の身元特定に時間のかかった幸福の科学教団。総裁を筆頭に、霊能者はいないらしい。
 http://blog.livedoor.jp/warehouse_2chlog/archives/51311716.html

いちおう私見を述べてみました。

|

« 三島由紀夫の霊言 其の参(再掲) | トップページ | 真夜中の述懐と覚悟の表明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三島由紀夫の霊言 其の参(再掲) | トップページ | 真夜中の述懐と覚悟の表明 »