« 「愛は風の如く」というフレーズの普遍性について。 | トップページ | ハコモノ宗教HS-中身なし- »

2011年10月24日 (月)

大川隆法という“カルト座興”を超克するには?

正心法語を唱えて金縛りが解ける人がいる一方、
大川隆法読誦の正心法語CDをエンドレスリピートで聴いて、
統合失調症を悪化させ、霊障になる人もいる。

正心法語は、
GLAの「心行」がルーツですし、
その心行も「神智学」がルーツと聞きます。

教えや経文の中には一部、普遍性に繋がるものがあるものの、
それらを具現化する過程、また個別化・応用化の過程で、
教祖を始めとして様々に失敗しているのだと思います。

カルト教団の閉鎖性を世間に知らしめる作業と並行して、
HS教義の中から普遍性に繋がるものも掘り起こしたいと考えている次第です。

大川隆法という“カルト座興”を、弁証法的に超克するという意味で。

|

« 「愛は風の如く」というフレーズの普遍性について。 | トップページ | ハコモノ宗教HS-中身なし- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392055/42667059

この記事へのトラックバック一覧です: 大川隆法という“カルト座興”を超克するには?:

« 「愛は風の如く」というフレーズの普遍性について。 | トップページ | ハコモノ宗教HS-中身なし- »