« 純粋な意味での、大川隆法オリジナル思想というものは存在しない。 | トップページ | 大川隆法という“カルト座興”を超克するには? »

2011年10月24日 (月)

「愛は風の如く」というフレーズの普遍性について。

「愛は風の如く」という言葉とその思想、
これは非常に普遍性のあるものだと思います。
この言葉を提唱した人物の如何に関わらず、
非常に心に響きます。

現在幸福の科学信者を続けている方々は、
こういう普遍的なものの価値を感じるからこそ、
それが信仰となり紐帯となっているのでしょう。

「幸福の科学で説かれているものは素晴らしい」、
その意見全てを否定するわけではありません。
教えの段階では素晴らしいと思える団体だったからこそ、
これだけの知名度を誇り、現在に至るのでしょう。

さて、
どれだけ立派で素晴らしい思想を説く人物であっても、
実際がどうなのかを見て世間は判断しますし、
やはりそれだけの積み重ねが必要です。
世間の評価というものを馬鹿にすべきではありません。

ましてや、昨今の離婚騒動など、世間常識以下のレベルです。
HSは、世間の上に立つどころか、
はるか下方を低空飛行しているという現実を直視すべきでしょう。

|

« 純粋な意味での、大川隆法オリジナル思想というものは存在しない。 | トップページ | 大川隆法という“カルト座興”を超克するには? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392055/42666749

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛は風の如く」というフレーズの普遍性について。:

« 純粋な意味での、大川隆法オリジナル思想というものは存在しない。 | トップページ | 大川隆法という“カルト座興”を超克するには? »